研究情報

HOME研究情報

研究情報

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[ 2016/04/25 ]
橋口 隆生准教授が平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」受賞
[ 2016/04/14 ]
細胞分裂において染色体数を維持するための新しい分子機構を発見 (消化器・総合外科学分野 前原 喜彦 教授)
[ 2016/03/08 ]
ノンコーディング RNA による神経モデル細胞が増えない仕組みの発見  (統合的組織修復医学分野  今村拓也准教授)
[ 2016/02/29 ]
ミトコンドリアの分裂がアポトーシス(細胞の自殺)開始を制御する仕組みを解明(分子生命科学系部門 大寺秀典助教)
[ 2015/12/25 ]
物体の輪郭を認識する視覚のメカニズムの一端を解明  (分子生理学分野 大木研一教授)
[ 2015/11/20 ]
妊娠中の抗てんかん薬投与は子どもの学習・記憶障害を引き起こす (基盤幹細胞学分野 中島欽一教授)
[ 2015/11/10 ]
大脳視覚野の神経細胞が機能を獲得するメカニズムを解明 (分子生理学分野 大木研一教授)
[ 2015/09/14 ]
糖尿病が胎児に先天性心疾患を引き起こす仕組みを解明(発生再生医学分野 目野主税教授)
[ 2015/09/10 ]
神経発達障害の原因となる遺伝子の新たな機能を発見 (基盤幹細胞学分野 中島欽一教授)
[ 2015/07/17 ]
【7/17更新】世界初 ウイルス感染による糖尿病発症に関わる遺伝子を発見(検査技術科学分野 永淵正法教授)
[ 2015/07/08 ]
日本学術振興会「平成27年度科学研究費助成事業(基盤研究(S) )」の採択について 消化器・総合外科学分野 前原喜彦教授
[ 2015/06/23 ]
JBC/ Herbert Tabor Young Investigator Award受賞 性差生物学 馬場崇助教
[ 2015/03/11 ]
海馬の免疫担当細胞ミクログリアはてんかん発作後の症状を緩和することを発見 (基盤幹細胞学分野 中島欽一教授)
[ 2015/03/03 ]
マールブルグウイルス・エボラウイルスの両方に結合する抗体とウイルス糖蛋白質GPの構造を世界で初めて解明 (ウイルス学分野 橋口隆生助教)
[ 2015/02/05 ]
特定遺伝子のスイッチON/OFFを制御する「ノンコーディングRNA」の新種「pancRNA」を発見 (基盤幹細胞学分野 今村拓也助教)
[ 2014/12/08 ]
平成26年度戦略的創造研究推進事業CREST採択 系統解剖医学分野 三浦教授
[ 2014/11/17 ]
泌尿器科学分野 内藤誠二教授 日本癌治療学会 中山恒明賞
[ 2014/10/08 ]
脊髄損傷急性期の高血糖が運動麻痺の予後を悪化させることを発見 岡田准教授
[ 2014/07/09 ]
文部科学省「平成26年度新学術領域研究(研究領域提案型)」の採択について 災害・救急医学分野 橋爪誠教授
[ 2014/06/13 ]
泌尿器科学分野 内藤誠二教授 ヨーロッパ泌尿器科学会名誉会員称号 授与

ページの先頭へ戻る